“Futsal is the thing that I am good at
and I am always excited about making contributions to the society with it.”
フットサルが自分の得意とすること。その得意とすることで社会貢献できることにいつも喜びを感じている。

Manabu Takita, Professional Futsal Player
ASV Pescadola Machida, 2007-

滝田 学プロフットサル選手、ASVペスカドーラ町田所属

If one can earn money and live with a job that one eager to do and does it better than others, it means that the person is very lucky hard worker. Takita is a hard working very lucky athlete.
When futsal started its history in Japan, 10-year-old Takita encountered the sports and devoted himself to it and he was selected one of the member of the professional futsal team in 2007.
When he graduated from university he thought about giving up his futsal carrier. He thought he should not to and decided to continue it for his life.
Now, he is one of the top professional futsal players in Japan. He and Hoshi became the co-captain of the Japan national futsal team in 2014. They lead the team and won the Asia futsal cup in 2014.

やりたいことが人より上手く出来、かつそれを生業にできるということは、大変幸運な努力家ということである。滝田はまさしく大変幸運な努力家だ。
日本でフットサルの歴史が始まったばかりの頃、10歳の彼はフットサルと出会いこれに専念してきた。
2007年にはプロリーグに参加、その後大学卒業と同時にフットサルとやめることも考えたが、自分の人生からフットサルを切り離すべきではないと考え、フットサルプレーヤーとして活動していくことを決意した。
現在、彼はプロフェッショナルフットサルプレーヤーの一人であり、かつトッププレーヤーとなった。また、滝田は2014年には星と共に日本代表チームのキャプテンに選出され、AFCフットサルアジア選手権での日本チームの優勝に貢献している。

Fashion director: Koji Hongo / Pt.Alfred, Tokyo
Photographer: araitakuo, Tokyo
Hair stylist: Issei Matsuzawa / SWAG. Tokyo